電子マネーnanacoだけのメリットを徹底解説!

nanacoイメージ画像

    ◎お得な電子マネーnanaco(ナナコ)だけのメリット

    電子マネーには、nanaco(ナナコ)以外にもEdy(エディ)やWAON(ワオン)、Suica(スイカ)等、数多くの種類があります。

    事前にチャージ(入金)しておくことで、支払の際にいちいち小銭を出したりしなくて済むので、電子マネーを利用している方も多いと思います。

    非常に便利な電子マネーですが、その中でもnanacoにしかない大きなメリットがあることはご存知でしょうか。

    そのメリットとは、「nanacoを使うことで公共料金や税金を間接的にクレジットカードで支払える」ということです!以下にてもう少し詳しく解説していきます。

    ◎公共料金や税金をnanacoで支払うとお得!(*条件あり)

    公共料金や税金は電気代、ガス代、水道代、自動車税、年金保険料、住民税、固定資産税・・等々、多くあります。

    nanacoを使うと、これらの公共料金や税金を「間接的に」クレジットカードで支払えると書きましたが、そもそもこれらの料金が「直接」クレジットカードで支払うことができれば、わざわざnanacoを使うメリットはあまりありません。

    しかし、直接クレジットカードで支払うことができず、口座振替するのが精々な公共料金も未だに多いです(少しずつクレジットカード払い対応のものも多くなっていますが、公共料金の種類や地域によっても対応状況は異なります)。

    公共料金や税金は「まとまった額」を「定期的に」支払う必要があるので、クレジットカードで支払うことができれば多くのポイントを貯めることができ、非常にお得なはずです。

    特に住民税や固定資産税等の税金は、年間で数十万単位の出費になることもあるので、もしカード払いができればかなりのポイント(還元率1%のカードならそれだけで数千円分のポイント!)が貯まることになりますよね。

    しかし、先ほども書いたように「直接」カードで支払うことはできないので、「間接的に」カードで支払う方法をとることになります。

    ◎税金等を「間接的に」クレジットカードで支払う方法

    「間接的に」クレジットカードで税金等を支払う方法は具体的には、

    1. nanacoへのクレジットカードチャージでもポイントが付与されるクレジットカード」を使ってnanacoにチャージする
    2. そのnanacoを使って公共料金や税金をセブンイレブンで支払う

    という手順になります。

    注意しないといけないのは、公共料金や税金をnanacoで支払ってもnanacoのポイントはつかないということです(通常の買い物の場合は、nanaco100円の支払いにつき1円分のnanacoポイントが貯まります)。

    あくまでこの方法でターゲットにしているのは①のクレジットカードチャージの際につく、クレジットカードのポイントを貯めるということです。

    ①の手順を踏まずにnanacoで公共料金等を支払っても、お得にはなりません(クレジットカードではなく、現金でチャージしたnanacoで支払った場合等)。

    この手順を踏むことで、公共料金等をクレジットカード払いした時と同じだけクレジットカードのポイントがつくメリットが生まれます(例:20万円の住民税をポイント還元率1%のカードを使って払えば、2000円分のポイントがつきます)。

    ただし、クレジットカードの選択には注意する必要があります。必ず「nanacoへのクレジットカードチャージでもポイントが付与されるカード」を選んでください!

    クレジットカードの中にはnanacoへのチャージができないものや、できてもポイントが満額は付与されないもの等があります。

    これはカードごと(同じカードでもVISAやJCB等によって違うことも)に規約で決まっているので、規約をよく確認してから使用しましょう。

    ◎nanacoとの組み合わせでお勧めなクレジットカード

    上記の条件を満たすカードの中でお勧めなのはリクルートカードです。

    リクルートカード:還元率1.2%、年会費永年無料です(年会費無料のカードの中で還元率1.2%は最高クラス)。

    貯まったポイントはじゃらんnetボンパレモール等で1P=1円として使える他、dポイント等に交換することも可能です(個人的にはdポイントへの交換がお勧め)。

    nanacoとの組み合わせはJCB,VISA,Mastercard全てOKです。

    リクルートカード_PC

    (新規申し込みで数千円分のポイントがもらえます。ポイント数は時期により変動します)

    参考記事:クレジットカード比較、おすすめ

    *楽天カードは還元率1%で年会費無料のお勧めのクレジットカードですが、2017年11月からはnanacoへのチャージではポイントがつかないように変更(改悪)されました。

    nanacoへのクレジットカードチャージでポイントがつく」ことを重視する方は上記のリクルートカードがお勧めです!


    尚、通常の買い物ではnanacoで購入した金額の1%がnanacoポイントとして貯まります(1Pt=1円相当)。つまり、nanaco自体のポイント還元率は1%ということになります。

    さらに、nanacoにクレジットカードチャージした際にもポイントがつく上記のようなカードでチャージすれば、クレジットカードの還元率も上乗せされます。リクルートカードなら1%(nanaco分)+1.2%(カード分)で計2.2%の還元率です!

    nanacoはセブン&アイグループ各店(セブンイレブンやデニーズ、イトーヨーカドー等)での買い物等で貯めることができます。これらのお店を利用する機会の多い方は、nanacoを利用するとメリットがあります!

    ◎その他のnanacoのメリット

    「公共料金等を支払うことに使う」というのは、条件に該当しない方もおられるでしょうが、それ以外にも、nanacoを使うことの万人向けのメリットもあります。

    それは、nanacoのキャンペーンに応募することができることです。

    nanacoのお得なキャンペーンに応募しよう!

    nanacoでは、公式サイトで告知されているように、多くのお得なキャンペーンを開催しています。

    キャンペーンに応募するための条件は様々ですが、狙い目は「期間内に一定額以上のクレジットカードチャージをする」か、「期間内に一定額以上をnanacoで支払う」という条件で豪華な賞品がもらえるキャンペーンです。

    特に、一定額(5000円や1万円等)以上のクレジットカードチャージだけで応募できるキャンペーンはnanacoを使わなくても良いので、余分な出費なしに豪華な賞品が当たるチャンスです!

    また、一定額以上をnanacoで支払うという条件も、実は意外と簡単に達成できるのです。

    「セブンイレブンで5000円や1万円も使わないよ」と思われるでしょうが、最近はセブンイレブンで「楽天ポイントギフトカード」や「Amazonギフト券」を販売(5000円分や1万円分等)しており、これもnanacoで購入することが可能です。

    これらを購入して、後で楽天市場やAmazonで好きなものを買えば、セブンイレブンの商品で何千円分も購入しなくても、豪華な商品がもらえるキャンペーンに応募できる・・はずです。

    注意点としては、「ギフト券等の金券類の購入に使用した金額でもキャンペーンの条件を満たすか」ということについては、公式サイトに載っておらず、確認ができないということです。

    ただ、一定額のチャージだけが条件のキャンペーンであれば、その後の使い道は問われないので、こちらのタイプであれば問題なく条件を満たせると思います。

    また、「ギフト券等の金券類をnanacoで購入しても、nanacoのポイントはつかない」ことも注意点の一つです(クレジットカードチャージした際の、クレジットカードのポイントだけがつきます。前述のように、ポイントがつかないカードもあります)。

    参考記事:nanacoを使って3.55%の超高還元率を得る方法(*追記あり)

    ◎nanacoに新規入会する方法

    nanacoを使うには、セブンイレブンやイトーヨーカドー等の店頭で「nanacoカード」を発行(その場で発行可能)するか、対応した携帯端末で「nanacoモバイル」というアプリをダウンロードする必要があります。

    この内、「nanacoカード」は発行手数料が通常300円かかります(nanacoモバイルは入会手数料はなし。ダウンロードの通信料は利用者負担)。

    ただし、毎月8のつく日(8日、18日、28日)に「イトーヨーカドーのサービスカカウンター」でnanaco入会の手続きをして、その場で1000円以上の現金チャージをすると、発行手数料300円が無料になります!

    お近くにイトーヨーカドーがある方は、8のつく日を狙って入会するとお得です!

    イトーヨーカドーが近くにない方や、モバイルnanacoが使えない方でも、nanacoカードは時折入会キャンペーンとして、新規入会で300円分程度のnanacoポイントがつくキャンペーンを実施しているので、そういったキャンペーンを狙って登録するのも良いと思います。(キャンペーン中かどうかは、公式サイトやセブンイレブンのポスター等で確認できます)


    以上、nanacoメリットについて書いてみました。

    特に、公共料金や税金を間接的にクレジットカード払いにできる方法は、意外と知らなかった方もおられるのではないでしょうか。

    まだnanacoを利用していない方は、この機会に利用を検討してみてくださいね!ハピタスやげん玉等のポイントサイトを利用したお小遣い稼ぎと併用すると、さらにお得ですよ!

    リクルートカード_PC

    リクルートカード(JCB,VISA,Mastercard全てOK)はnanacoへのクレジットカードチャージで満額ポイントが付与される(*月3万円まで)貴重なカードです!上のバナーからの無料カード発行でもれなく数千円分のポイントがもらえます!

    <関連記事はこちら>
    ポイントサイト稼ぎ方②(1回限り)一気に数万~数十万円稼ぐ
    ポイントサイト稼ぎ方③数十万円以上を毎月継続して稼ぐ
    nanacoを使って3.55%の超高還元率を得る方法
    クレジットカード比較、おすすめ
    現金値引き可能なおすすめの高還元率クレジットカード
    インフレ、円安対策が簡単にできる!投資初心者のための資産運用
    ふるさと納税をブログで解説!仕組みやメリットは?