現金値引き可能なおすすめの高還元率クレジットカード

クレジットカードお勧め画像

◎クレジットカードのポイントの使い道は現金値引き(キャッシュバック)がおすすめ!

クレジットカードの中には「還元率の高さ」を売りにしたカードも多いのですが、実は「還元率が高いから」というだけでカードを選んでしまうのはおすすめではありません

と言うのも、高還元率のクレジットカードでせっかくポイントを貯めても「貯めたポイントの使い道に困る」というケースがしばしばあるからです。

(ポイントで交換できる商品の種類が少ない、交換レートが悪い等)

ポイントの使い道に困って「たいして欲しくはないけど、貯まったポイントが勿体ないから」と、特に欲しくもない商品や、ポイント分と比べて割高な商品と交換してしまうのはあまりお得ではありません

さらに言えば、ポイントを交換したりポイントで買い物等をする際は「使うのはお金じゃなくてポイントだから」と判断が甘くなってしまいがちで、無駄遣い・散財をしてしまう傾向があるように思います。

元々は「クレカでポイントを貯めて、お得に生活をしよう」と思ってカードを作ったはずが、結局貯めたポイントを不要なものに費やしてしまうのでは、結果的にお得度はかなり減ってしまっていますよね。

ではどうしたら良いのかと言うと、おすすめなのは「貯めたポイントをカード支払額からの現金値引きに使えるクレジットカード」を利用することです。

これなら貯めたポイントの使い道に困ることはなく、カード支払額の総額を抑えることができ、純粋な意味での節約になるので、下手な商品やサービスに交換するより無駄がなく、お勧めです!

と言う訳で、このページでは「年会費無料」で「高還元率(1%以上)」、「貯めたポイントが現金値引き(キャッシュバック)に使えるカード」を紹介していきます。

「どのクレジットカードにしたら良いの?」と迷っている方は参考にしてください!

◎おすすめの3枚のクレジットカード(キャッシュバック型)

年会費無料」で「高還元率(1%以上)」、「貯めたポイントが現金値引き(キャッシュバック)に使える」おすすめのクレジットカードは以下の3枚です。

  • 「REX CARD(レックスカード)」
  • 「Booking.comカード」
  • 「P-oneカード」

いずれもお勧めのクレジットカードですが、それぞれのお勧めな点やメリット・デメリット等を具体的に解説していきます。

◎REX CARD(レックスカード)のメリット・デメリット

総合的に最もお勧めのクレジットカード(キャッシュバック型)は「REX CARD(レックスカード)」です。

レックスカードは年会費無料で、還元率は1.25%です(ETCカードも年会費無料)。

さらに、発行会社である「ジャックス」のインターネットショッピングモール「JACCSモール」を利用すると0.5%~最大12%のボーナスポイントがつくので、還元率は1.75%~13.25%にアップします!

(*JACCSモールにはアマゾン・楽天市場・Yahoo!ショッピング等の人気ショップをはじめ、500店以上が出店しています)

ちなみに一般的なクレジットカードの還元率は0.5%程度なので、レックスカードの還元率1.25%(しかも年会費無料)と言うのは非常に優秀です。

この高還元率こそがレックスカードの最大のメリットと言えるでしょう。

また、カード付帯の保険として「海外旅行時に最大2000万円(自動付帯)」や「国内旅行時に最大1000万円(利用付帯)」等の旅行傷害保険もついています。

なお、レックスカードのデメリットとしては、現金値引きをするために貯めたポイントを「Jデポ」に交換するという一手間がかかることくらいですかね。

まあ、本当に一手間ですし、そもそも年会費無料のカードなので「デメリット」と言う程のものではありません。

◎Booking.comカードのメリット・デメリット

次におすすめのクレジットカードは「Booking.comカード」です。

Booking.comカードも年会費は無料で、還元率は1%です。レックスカードよりは少し低いですが十分に優秀な数字ですね。

Booking.comカードの大きなメリットとしては「ポイントが貯まると自動的にキャッシュバックしてくれる」と言う点が挙げられます。

レックスカードのようなポイント交換の一手間すらないので、時間のない方やポイント交換が面倒くさいと思われる方にはお勧めです!

また、Booking.comカード専用の予約サイト「Booking.com」でカードを利用するとさらに宿泊額の5%分のポイントが貯まるので、還元率は1%+5%=計6%の超高還元となります!

さらに、宿泊料金以外にもレンタカーの予約が8%割引になる等の特典もあり、旅行をよくする方にもおすすめです。

さて、Booking.comカードのデメリットですが…これといったものはありません。

強いて言えば、旅行をあまりしない方にとっては前述のレックスカードの方が還元率も高いのでおすすめ、というくらいでしょうか。

(別にBooking.comカード自体のデメリットではないですね…)

いずれにせよ、「旅行等でBooking.comをよく使う」という方にとっては非常にお得なカードだと思います。

◎P-oneカード<standard>のメリット・デメリット

最後に、「P-oneカード<standard>」について紹介します。

P-oneカード<standard>も年会費は無料で、還元率は1%です。

P-oneカード<standard>のメリットは「カードを1回利用する毎に1%分が自動的にキャッシュバックされる」という点です。

Booking.comカードと同様に、ポイント交換の手間もないのでおすすめです。

ただし、P-oneカード<standard>のポイントは「100円につき1円引き」で「1~99円の端数毎回切り捨て」になる点はご注意ください。

(例えば、299円利用時には端数の99円は切り捨てられて、200円の1%である2円の値引きとなります)

ちなみにBooking.comカードも「100円につき1円値引き」ですが、こちらは「毎月の利用額の合計100円につき1円値引き」なので、端数として切り捨てられるのは一月で最大99円の利用分だけです。

少しでも端数として切り捨てられる金額を減らしたいならBooking.comカード(あるいはレックスカード)の方がおすすめです。

◎ポイントサイト経由でクレジットカードを発行するとお得!

クレジットカードをよりお得に発行したいのなら、「モッピー」や「ゲットマネー」等のポイントサイトを利用するのがおすすめです!

ポイントサイトを利用すると楽天市場やYahoo!ショッピング等でのネットショッピングや、他のネット銀行・ネット証券等の口座開設クレジットカード発行等でもポイントが貯まります。

特に証券口座開設やクレジットカード発行では一件で数千円~数万円分のポイントがもらえるものもあります!

モッピークレジットカード広告

(例:モッピーでクレジットカード発行をするともらえるポイント。1Pt=1円)

クレジットカードを作る際には「モッピー」等のポイントサイトを利用するとお得ですよ!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

(モッピーへの新規登録は上のバナーから無料で簡単にできます。当ブログ内のバナーならどれでもOKです!)

◎ポイントサイトを利用してクレジットカードを発行する方法

ポイントサイトを利用してクレジットカードを発行するのは非常に簡単です。

モッピー」等のポイントサイトに登録した後はポイントサイト内で「作りたいカードの名前を検索」→出てきた広告をクリックしてクレジットカード発行画面に移るだけ。

モッピーの楽天カード広告

(例:「モッピー」で「楽天カード」と検索すると上のような広告が出てきます。モッピーの場合は広告の下部にある「POINT GET!」というボタンを押すとクレジットカード発行画面に移ります)

その後の手順は通常のカード発行と全く同じなので、手間はほとんど変わらず数千円~がゲットできます!(*もらえるポイントは時期によっても異なります)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

◎おわりに

現金値引き可能なおすすめの高還元率クレジットカード」について解説致しました。

貯まったポイントが現金値引き(キャッシュバック)に使えるクレジットカードはポイントの使い道に困る事もないのでおすすめですよ。

また、クレジットカードをお得に発行したい方は「モッピー」や「ゲットマネー」等のポイントサイトも利用してみてくださいね!

<関連記事はこちら>
ポイントサイトとはそもそも何か?
ポイントサイト稼ぎ方②(1回限り)一気に数万~数十万円稼ぐ
ポイントサイト稼ぎ方③数十万円以上を毎月継続して稼ぐ
モッピーの評判、稼ぎ方
【当ブログ限定】ゲットマネー新規入会キャンペーン!全員に200円+抽選で500円分のAmazonギフト券!
クレジットカード比較、おすすめ
ポイントサイト経由でクレジットカードを作る方法と注意点