ドメイン移管でWhois情報公開が必要?個人情報とSEOの二択?

レンタルサーバーイメージ

    ◎独自ドメイン移管には注意が必要

    このページでは当ブログが「FC2ブログ有料プラン」から「WordPress(ワードプレス)」に引っ越した際に「ドメイン移管」の手続きをしようとしていた時のことを振り返り、ドメイン移管の注意点等をまとめています。

    自分が特に困ったのは、ドメイン移管の際に「Whois情報」に個人情報を公開する必要があるかという点です。自分と同じような疑問を抱えた方の参考になれば幸いです。

    ◎当ブログの簡単な経緯

    • ①2014年4月:FC2ブログ(無料)でブログ開始

    • ②2015年10月:FC2ブログ(有料ブラン)に移行+独自ドメインAを取得

    • ③2016年1月:新たな独自ドメインBを取得+新たなレンタルサーバーと契約し、ワードプレスに移行

    そして現在に至ります(Bは現在当ブログで使用中のドメイン)。

    無料ブログでスタートした当ブログですが、より多くの方に見てもらえるように、カスタマイズ性が高くSEO対策の面でも有利と思われるワードプレスへの引っ越しを途中から検討していました。

    そして本来なら②で取得した独自ドメインAの移管手続きをして、ワードプレスに移行してからも独自ドメインAを使用するつもりだったのですが、この時に頭を悩ませたのが「Whois情報」の公開でした。

    ◎Whois情報とは

    Whois情報」とは、そのドメインを登録した人がどんな人なのかを示したもので、ドメイン登録者は氏名や住所、電話番号、メールアドレス等の個人情報をネット上に公開する必要があります。

    言葉の通り「公開」されているので、その気になれば誰でも簡単にそのドメイン登録者の情報を調べることが可能です。

    「個人情報を公開したくない」という方が大半かと思いますが、そういう方は自分の氏名等を公開するのではなく、レンタルサーバーの「情報公開代行サービス(自分の代わりにレンタルサーバーの情報を公開することで済ませる)」を利用することもできます(業者にもよりますが)。

    それは良いのですが、ドメイン移管の手続きの流れを調べると、「ドメイン移管ができないケース」として大半のレンタルサーバー等の注意書きにこのように書かれているのが目に入ります。

    「Whois情報にドメイン登録者連絡先として自分のメールアドレスが登録されていない、または、そのメールアドレスでメールを受信できない場合」

    この注意書きがなぜ問題かを説明していきます。

    ◎Whois情報の代理公開サービスの問題点

    レンタルサーバーに情報公開を代行してもらっていると、Whois情報に登録してあるメールアドレスは当然レンタルサーバーのものになります。

    この状態でドメイン移管の申請をすると、ドメイン移管の際に必要な「認証鍵(パスワードのようなもの)」がレンタルサーバーのメールアドレスに届いてしまって申請した本人には「認証鍵」がわからないため、移管の手続きができないのです。

    そのため、情報公開代行サービスを利用している人がドメイン移管の手続きをする場合は、まずレンタルサーバーに代行してもらっていたWhois情報(メールアドレス等)を自分の個人情報に変更する必要があります。

    そうすると自分のメールアドレスにドメイン移管に必要な認証鍵が届き、移行の流れもスムースにいくはずです。

    そしてドメイン移管が終われば、新たなレンタルサーバーの情報公開代行サービスを利用して、自分の情報は公開せずに済むはずですが・・

    この流れで行くと、一時的に自分の氏名や住所等の個人情報をネット上に公開する期間が生じてしまいます。

    一時的とは書きましたが、それが数分程度ならまだしも、どれくらいの時間を要するのかは読み切れないところがあり、場合によっては数日以上かかる可能性も考えられ、非常に悩みました。


    ◎個人情報とSEOのどちらを重視するか悩んだ末の選択

    最初の方に書いたように、最終的には独自ドメインAを移管することは諦め、新たな独自ドメインBを取得+新たなレンタルサーバーと契約することにしました。

    こうするとドメイン移管の手続きが不要になるのでWhois情報の公開はする必要はなくなりました。

    ただ、独自ドメインBは全く新しいドメインのため、SEO対策の面で不安はありました。一応独自ドメインAからBにリダイレクトの処理はしましたが、検索エンジンからの評価は完全には受け継がれないでしょうから。

    自分の中ではSEO的なメリットよりはドメイン移管で個人情報を公開するデメリットの方が大きく感じられたため、このような選択をした次第です。

    *ドメイン移管をしても何とか個人情報を公開しなくても済む方法はないか?と色々調べてはみたのですが、自分の調べた限りでは有効な方法は見つかりませんでした。

    詳しい方が見ればもっと良い簡単な方法等があったのかもしれませんし、あるいはドメイン移管手続きのどこかの部分に自分の認識の勘違いがあったりするのかもしれませんが・・

    ◎ワードプレスでのブログ運営は好調

    2016年1月からワードプレスに移転しましたが、ブログの閲覧者数等は目立って減る時期もなく徐々に上昇し、またグーグル等への記事のインデックスも進んでおり、ブログの引っ越し自体は成功したように思います。

    そして一連のことで思ったのは「ドメイン移管」って意外と大変なんだなあということです。

    最初からワードプレスで運営していればこんな面倒とも無縁だったはずですが、かと言ってブログ初心者がいきなりワードプレスで始めるっていうのも敷居が高いような気もするので、その辺の選択は悩ましいですね。

    ちなみにレンタルサーバー等も変更はできますが、もう自分はそうした変更はできるだけしたくなかったので最初から高性能だと評判の「Xサーバー」で契約しました。



    月額料金は1000円程度で、料金がもっと安い業者もありますが、機能とのバランスを考えるとXサーバーは良い選択だったのではないかと思います(独自ドメインもキャンペーンで1個無料でもらえました)。

    今のところ特にワードプレスやXサーバーへの不満もないので、引き続き利用していくつもりです!

    ◎独自ドメインプレゼントキャンペーン中!

    *2019年7月4日(18時)まで「エックスサーバー」で「独自ドメインプレゼントキャンペーン」開催中!

    キャンペーン中にエックスサーバーでサーバーの新規契約(またはドメイン移管)すると、独自ドメイン(.com/.net/.org/.biz/.info/.xyz/.link/.clickのいずれか1つ)が無料(通常は取得に1500円程度かかる)でもらえます!(*「.click」は移管の対象外)

    その際に契約したサーバーを利用している間は更新費(通常1500円/年程度、毎年かかる)も無料なので、ブログ運営のコストがかなり削減できます!

    ちなみに自分も過去に実施された同様のキャンペーンを利用してエックスサーバーと契約したので、独自ドメイン取得と更新は無料です。エックスサーバーの契約はキャンペーン中の今がお得ですよ!




    <関連記事はこちら>
    ポイントサイトとはそもそも何か?
    ポイントサイト稼ぎ方③数十万円以上を毎月継続して稼ぐ
    【当ブログ限定】ゲットマネー新規入会キャンペーン!全員に200円+抽選で500円分のAmazonギフト券!
    モッピー新規登録キャンペーンで最大2000円分のボーナスが全員もらえます!
    げん玉の評判、稼ぎ方
    ポイントサイト比較!おすすめランキング2019
    SEO対策に相互リンクは不要?本当に重要な対策とは
    無料ブログが無数にある中で有料のワードプレスを使うメリット

    コメントを残す

    *

    CAPTCHA