インフレ、円安対策初心者のための資産運用

資産運用画像

◎インフレ、円安への対策は意識しないとできない!あなたは大丈夫?

皆さんは将来のために何か資産運用をされていますか?

「何もしていない」と思われる方もいるかもしれませんが、そういう方でも「銀行預金」はしているという方がほとんどではないでしょうか。

しかし、「銀行預金」とは大雑把に言うと、「日本円を原則的に元本保証する形で預け、年利0.01%程度を受け取る」という立派な「金融商品の1つ」です。

つまり、「資産の大半を銀行預金にする」ということは、あなたの大切な資産を「銀行預金」という「単一の金融商品に賭ける」形で、無意識の内に資産運用をしていると言えます。

この状態を老後までの数十年間続けるというのは果たして本当に安全なのでしょうか?

安全でないとしたら、どうすれば良いのか?というのが今回の記事です。

(*以下に資産運用や投資に関して実体験も含めて色々と紹介していますが、特定の銘柄の購入等を勧めるものではありません。投資に関してはリスクをしっかりと理解した上であくまで自己責任で行うよう、くれぐれもご理解と注意をお願い致します)

◎そもそもインフレ/デフレ、円高/円安とは?

経済を「お金」と「」の価値と言う観点から考えると、

  • インフレ:物価が上がり、お金の価値が下がる
  •  デフレ:物価が下がり、お金の価値が上がる

ということになります(つまり、インフレ⇔デフレ)。

また、経済を「日本国内」と「海外」と言う観点から考えると、

  • 円高:日本円の価値が海外の通貨の価値より高くなる(=1ドルが100円→80円になる方向)
  • 円安:日本円の価値が海外の通貨の価値より低くなる(=1ドルが80円→100円になる方向)

ということになります(つまり、円高⇔円安)。


そして、それぞれの経済状況ごとに「持っていると有利な資産」というのは自然と異なり、具体的には以下のように分けられます。

  • インフレの状況で持っていると有利な資産
    →株式、不動産、金・プラチナ等の貴金属(→「」を持っていると有利)

  • デフレの状況で持っていると有利な資産
    →現金、国債(→「お金」を持っていると有利)

  • 円高の状況で持っていると有利な資産
    →日本円、日本国債、国内株式、国内不動産(→「国内の資産」を持っていると有利)

  • 円安の状況で持っていると有利な資産
    →外貨、外国債券、外国株式、外国不動産、金・プラチナ等の貴金属(→「海外の資産」を持っていると有利)

これらを見ていくと、「日本円を銀行預金している」というのは「国内」の「お金」を保有していることになるのでデフレかつ円高の際には有利と言えます。

しかし、一方でインフレや円安の際には不利と言えます。

デフレかつ円高に対しては「銀行預金」が有効なため、特に意識せずとも対策できていることが多いですが、インフレや円安に対して有利な資産は「株、不動産、外貨、貴金属」等、意識しないと持ちにくいものが多く、対策できていない人が多いです。

そのため、現状では「インフレや円安になると損をする人が多い」というのは注意すべき点です!

◎将来の経済状況を確実に言い当てるのは不可能!

それでは10年後、20年後、あるいは50年後の経済状況はどうなっているのでしょうか?

インフレ?デフレ?円高?円安?その答えは現時点では誰にもわかるはずはありません。未来の確実な予測は誰にもできないのです。

それにもかかわらず、資産のほぼ全てを銀行預金という金融商品に換えている人(大半の日本人がこの状態です)は、数十年後も「デフレかつ円高」が続いているという予想全財産を賭けているというのと同じ状態です(さらに言えば、年金や退職金、生命保険の受け取り等も日本円の人が大半でしょう)。

これって危ないと思いませんか?僕は非常に危ないと思います。

◎インフレになると現金の価値は目減りする

例えばもし将来インフレで物価が10倍になったら、100万円の資産を現金で持っている人の資産は実質的に10分の1(10万円)にまで目減りしてしまいます。

インフレでは現金の形で資産を保有していると価値が目減りして損」をしてしまうのです。

また、日本政府の借金は2015年4月の段階で1000兆円を超えています。この莫大な借金返済のため、大量の日本円が刷られる→お金の価値が大幅に下がって物価が大幅に上がる(=ハイパーインフレ)という状況が起きる可能性は以前より指摘されています。

仮にハイパーインフレになって物価が100倍になったら、100万円の資産を現金で持っている人の資産は実質的に100分の1(1万円)にまで目減りしてしまいます。

これでは100万円持っていてもテレビ1台買うこともできません。

ハイパーインフレでは現金の形で資産を保有していると価値が大幅に減り、大損」ということです。

また、ご存知のように「アベノミクス」以降、1ドル80円程度だったのが120円程度まで円安に進んでおり、デフレ脱却を目指してインフレを推進する政策がとられているという状況があります。

その後1ドル110円前後でうろうろしていますが、今後の経済状況がどうなるかは現時点では誰にもわかりません

わからないのなら、やることは一つです。
それは、いずれの経済状況になったとしても大損しないように準備しておくということです。


◎「元本保証」の銀行預金の落とし穴

銀行預金は基本的に「元本保証」の金融商品であり、100万円を預金しておけば「数字上では」100万円を下回ることはありません。

しかし、上にも書いたようにインフレで物価が上がれば同じ100万円でもその実質的な価値は目減りします(逆にデフレになれば同じ100万円でも実質的な価値は増すことになります)。

そもそもお金と言うのは最終的に自分の欲しい物やサービスと交換できる力があるから価値があるのです。紙幣自体は単なる紙切れであり、自分の欲しい物やサービスを手に入れるための手段に過ぎません。

しかし、銀行預金が保証してくれるのはあくまで「元本の金額のみ」であり、「引き出した時点の金額でどれだけの物やサービスと交換できるか」を保証してくれるわけではないことは忘れがちなので、注意が必要でしょう。

◎銀行預金は安全?株は危険?

ただ銀行預金は安全なイメージで、株式投資等は危険というイメージがどうしてもあると思います。

それは、数か月や1年程度の短期間では物価はそれほど変動しないことが多いのに対し、株価は2倍になったり半分になったりすることがざらにあるということが関係しているのでしょう。

しかし、老後までの数十年単位で考えるとどうでしょうか。

株価は数十倍になったり数十分の一になっている可能性は勿論ありますが、物価も同じくらい変動していても不思議はありません。

そして物価が上がる方向(インフレ)に変動が大きければ、銀行預金していた分の資産は当然目減りすることとなります。

要するに、老後までの数十年単位で見ると「株式だけが危険」、「銀行預金は安全」とばかりは考えていられなくなるということです。


◎海外株等の外貨建ての資産の場合、「元本割れ」しても、日本円換算では得をすることも

銀行預金とは違って「元本保証」のない株ですが、額面上は元本割れしても、日本円に換算すると得をしているという場合もあります。

例えば、1ドル100円の時にAという外国企業の株を1万ドル分(=100万円分)購入したとします。そして1年後にAの業績が悪化して、株価が1万ドルから9千ドルに下がっていたとします。

しかしこの時に円安が進んでいて1ドル120円になっていたとすると、9千ドルの株は9千×120で108万円の価値となります。

この場合、額面上は1万ドル→9千ドルになって元本割れをしていますが、日本円に換算すると100万円→108万円とをしています。

このように、海外の株等のような外貨建て(ドルやユーロ建て等)の資産を最終的に日本円に換える場合、

  1. その資産自体の価値の変動(株ならその企業の業績の上下等)
  2. 為替レートの変動(円安に動いたか、円高に動いたか)

という2つの要因が複合的に影響してきます。
(*②によって①も影響を受けると思われるので、①と②は完全に独立した要因ではないですが)

よって、額面上元本割れをしたとしても、日本円に換算すると得になるという場合もあります。(反対に、外貨建ての資産の場合、円高に進むと額面上元本割れしていなくても日本円に換算した際に損となる場合があります)


◎資産運用に対する個人的な考え方

資産運用の方法や考え方はその人の年代や生活スタイル等により全く異なりますが、ここでは自分なりの資産運用について書いてみたいと思います。(ちなみに自分はこの記事を書いている時点で30代前半の男性です)

まず大前提は以下の3つです。

  1. 専業投資家を目指すのではなく、あくまで仕事で得られる給与収入を基本とする

  2. 株式等の短期的な売買はせず、数年~数十年先まで見越した長期保有をする

  3. 収入の手取り金額から生活費等を差し引いた余裕資金で行う


①についてですが、仕事をしていることで得られる安定的な収入や社会的な信用等は、個人的には非常に大事だと思います。

給与で年200万円を得るのと投資だけで年200万円を得るのでは、後者の方が圧倒的に難しいと感じます。国民年金と厚生年金の違いもあるし、職場が各種保険料を半分負担してくれるのも大きいです。


②については①とも関連しますが、仕事をしていれば生活に必要な日本円の収入は確保できます。

前述のように「日本円」は「デフレかつ円高」の際に有利な資産となりますので、残るは

  • インフレかつ円安
  • インフレかつ円高
  • デフレかつ円安

の各経済状況に備えての対策が必要ということになり、ここを資産運用で補っていきます。

具体的な対策は後述しますが、イメージとしては「儲けるための積極的な資産運用」というものではなく、「資産の目減りをできるだけ防ぐための資産配分」という感じです。


そして③の大切さは言わずもがなでしょう。(尚、ポイントサイトで稼いだお金も資産運用の足しにしています)

一応これらの前提の下で資産運用を考えていますので、「投資だけで生計を立てたい人」等にはあまり参考にならないかもしれません。

◎資産運用は資金が少ない内からこつこつ始めるべき!

資産運用と言うとお金持ちだけが行うものだとか、数百万円以上の資金を使うようなイメージがあるかもしれませんが、個人的にはもっと少額(数万円程度)から始めておくべきだと思います。

ある程度年を重ねて余裕資金が増えた頃にいきなり資産運用を始めようとしても何をどうして良いかわからず、おそらくはをするでしょう。その際に下手に動かせる資金が数百万円以上もあると損失額も大きくなり、時に財産の大半を失うような致命的な事態となってしまいます。

特に、「退職金が入って初めて投資に手を出す」なんていうのは個人的には失敗するイメージしか湧きません。

そうならないためにも、若くてあまり余裕資金のない頃から少額ずつでも資産運用に慣れておくことが重要です。動かす資金が少なければ損失額自体も少ないので、その間に致命的でない小さな失敗をしておくと良いと思います。

そうすれば将来的に余裕資金が増えた時にも若い頃からのノウハウを活かすことができ、失敗のリスクを減らせるはずです。

最近では数万円程度から投資ができる金融商品(下でいくつか紹介しています)もたくさんありますので、若い内から少しずつ老後に向けて資産運用を行っていくことをお勧めします。


◎個人的に実践している資産運用

余裕資金を下記のような割合で資産配分しています。

  1. 米国個別株:約24%
  2. 欧州に投資できる海外ETF:約13%
  3. 米国債券に投資できる海外ETF:約13%
  4. 日本の不動産に投資できるリートETF:約9%
  5. 純金積立:約11%

(残りの約30%は銀行預金等です)

ちなみにETFとは「Exchange Traded Fund(上場投資信託)」の略で、株と投資信託の良いとこ取りのような金融商品です。詳しくは証券会社のHP等もご参照ください。

尚、人気がないETFは運用継続が困難となり、上場廃止・繰上償還となるリスクがあります。

長期投資を考えていたETFが繰上償還→途中解約となると予定が狂うので、ETFを選ぶ際(特に長期投資)には信託報酬等のコストの他に、純資産残高(個人的な目安は100億円以上)等も参考にした方が良いでしょう。

米国個別株、欧州に投資できる海外ETF

①、②は海外の株・ETFなので「インフレかつ円安」への対策として利用しています。

①はダウ平均を構成するようなアメリカの代表的な銘柄です。アメリカの企業は日本の企業より株主への利益還元の精神が強く、こうした大企業であっても3~4%程度と高めの配当を出しています。

また、米国株は1株から買えるのも大きな特徴です。

日本の一流企業(トヨタ等)の株を買おうとすると、基本的に100株単位の購入になるため、最低でも数十万円の資金が必要になってしまいます。これでは1社の株を買うだけでも大きな負担で、分散投資も難しいです。

しかし、米国株であればコカ・コーラやマイクロソフト等の超有名企業であっても1株から購入できるので、数千円~数万円程度の資金で購入可能であり、分散投資もしやすいのでお勧めです!

②については欧州の個別株に投資できる証券会社は少ないので、欧州の優良企業にまとめて投資でき、信託報酬も安めのETFを利用しています。

米国債券に投資できる海外ETF

③は海外の債券に関連するETFなので「デフレかつ円安」への対策として利用しています。

①、②、③については一度に全部購入するのではなく、「ドルコスト平均法」に準じて毎月少しずつ購入することで極端な高値で購入することを防いでいます。

尚、①、②、③はマネックス証券の外国株取引口座で行っています。

マネックス証券のメリットは以下のような点です。

  • 海外株の取引手数料業界最低水準(マネックス証券→税抜5~20ドル、SBI証券や楽天証券→25ドル~)

  • 特定口座にいち早く対応しており、銘柄数も豊富(特定口座に対応していないと海外株式の損益を自分で計算・確定申告する必要があり、非常に面倒)

マネックス証券の資料請求・口座開設はこちらから無料で可能です。口座維持も勿論無料です。

日本の不動産に投資できるリートETF

④は国内の不動産なので、「インフレかつ円高」への対策として利用しています。

不動産への投資はマンションやアパート購入・経営等が代表的ですが、まとまった資金が必要となるので敷居が高いです。また、経営等にかかる手間もかなりあると思われます。

それに比べてリートETFは数万円程度の資金で行うことができ、自分で経営したりする手間もないのでお手軽です。

④については松井証券で行っています。
松井証券の最大のメリットは、1日10万円までの取引であれば手数料が無料である点で、これは松井証券だけ(他の証券会社で実施している所は恐らくない)のお得なサービスです。

④も「ドルコスト平均法」に準じて毎月少しずつ購入していますが、松井証券を利用することで毎月のETF購入手数料を節約しています。

純金積立

⑤は貴金属なので、「インフレかつ円高」「インフレかつ円安」への対策として利用しています。

金(Gold)への投資は純金積立の他にも金ETF金鉱株を買うという方法もあります。

ただ、金への投資で自分が期待しているのは何より「安全性」であり、「守りの資産」という位置づけなので、金鉱株は候補から外しています。

また、金ETFについては数十年単位の長期投資をしようとすると、信託報酬によるコストが大きくなりすぎるのがネックで、最終的には純金積立を選びました。

⑤については田中貴金属(G&Pプランナー)で行っています。

田中貴金属は純金積立の最大手と言っても良い業者で、そのメリットは以下のような点です。

  • 他のほぼ全ての業者が「消費寄託」のところ、積み立てた金を「特定保管」しており、安全性が高い(ごく簡単に言うと、特定保管なら業者が破綻しても積み立てた純金は返ってきますが、消費寄託だと業者が破綻した場合に積み立てた純金が返って来ない可能性があります)

  • 年会費がかからず、購入時の手数料だけがコストとなる。購入時の手数料も一定金額以上であれば他の業者よりも割安な水準となる

「特定保管」にこだわったのは、上述のように金投資に期待するのが「安全性」だからです。

消費寄託の業者を利用するとコストは多少安くなることもありますが、安全性では劣るので、金投資の目的にそぐわないと感じます。

クラウドバンク

さらに、余剰資金の一部は「クラウドバンク」への投資にも使っています。



クラウドバンク
→「資産運用と社会貢献を両立した新しい資産運用サービス(クラウドファンディング)」で、好きなファンド(投資先)にお金を融資するとファンドに応じた分配金がもらえます。

予想利回りは5%~で、リスクもリターンも「銀行預金」と「株等の投資」の中間くらいのイメージです。ちなみにクラウドバンクへの累計応募総額は200億円を突破しています。

何やら難しいイメージを持たれるかもしれませんがやることは単純で、好きなファンドにいくらお金を投資するかを選ぶだけです(最初は「担保有」「保証有」のファンドがお勧め)。

クラウドバンクファンド

マイナス金利政策の影響で定期預金の金利も0.1%以下となっているような状況においては、クラウドバンクの利回り5%~というのは非常に魅力的だと思います!


クラウドバンクの年利5%の案件に1万円を投資したとすると、1年で500円(税引き前)の利息が得られます。

では同等の金額を銀行預金の利息で得ようとすると、必要な預金額は何と500万円です!(メガバンクの定期預金金利0.01%/年、税引き前で計算)

500万円を定期預金にするくらいなら、クラウドバンクに1万円投資してみるのも良いと思います。


ただ、クラウドバンクのような「クラウドファンディング」というのは日本ではまだ馴染みの薄いサービスであることは確かなので、余裕資金の中のさらに一部(万が一失っても痛手にならない金額)を投入するのが無難でしょう。



口座開設(上のバナーから可能)や維持は無料で、投資は1万円から可能です。

楽天銀行なら普通預金の金利が定期預金より高い年0.1%に!

普通預金をするなら楽天銀行がお勧めです!

楽天銀行の普通預金の金利は無料で利用できる「マネーブリッジ」というサービスを利用すると年0.1%になります!

この金利は同行の定期預金のどれよりも高く、大抵の他の銀行の定期預金の金利よりも高いです!

しかも普通預金なので引き出しや振り込み等にいつでも自由に使え、利便性も高いです!

「マネーブリッジ」について詳しくは下の記事も参考にしてください。

参考記事:マイナス金利でも普通預金で0.1%の金利!楽天銀行のマネーブリッジとは?

*マネーブリッジを利用するためには楽天銀行の口座と楽天証券の口座を開設する必要があります。

楽天証券の口座は開設・維持共に無料で、特に株取引等をする必要はありません

2つの口座を開設して「マネーブリッジ」を申し込むだけなので、非常に簡単に普通預金の金利をアップさせることができます!

楽天銀行の開設は下のバナーから可能です!


◎稼いだお金の使い方も大事

非常に長くなりましたが、資産運用初心者の方の参考になれば幸いです。

忙しい日常の中では、仕事やポイントサイト等でお金(日本円)を稼ぐことだけに終始しがちですが、将来の経済状況によっては日本円を稼ぐだけでは不十分となる事態もないとは言えません。

稼いだお金をどのような形で使用・保有するかは、お金を稼ぐことそのものと同じくらい大切だと思うので、後悔したりすることのないように、慎重に考えていくことが必要だと思います。

◎日本円を稼ぐなら投資よりもポイントサイトが絶対にお勧め!

当記事で紹介したマネックス証券や松井証券等の証券会社、FX業者等は「ハピタス」や「げん玉」等のポイントサイトを経由して口座開設すると数千円~数万円分のポイントをもらうことができるので、口座開設するならポイントサイト経由が絶対にお得です!

ハピタスFX広告

その他、ポイントサイトを経由してクレジットカード発行をすること等でも数千円~数万円分のポイントをもらえるので、ネットを使って簡単にお小遣い稼ぎが可能です!

ハピタスクレジットカード広告

*もしあなたが「日本円を稼ぐ」ことが目的で株やFX等の投資を行っている(インフレや円安対策ではなく)なら、金銭的なリスクがない(資産が減る心配がない)分、ポイントサイトを利用して稼いだ方が絶対に良いと思います。

ポイントサイトで稼げる額は人によって違いますが、毎月百万円以上という方もいます。そして投資は元手となるお金がなくなれば続行困難なのに対し、ポイントサイトはそもそも元手といった概念がなく、本人が継続して取り組む限りはお小遣い稼ぎを続けることができるというのも、投資にはないメリットです!

参考記事:ポイントサイトとはそもそも何か?

尚、ポインサイトにまだ登録されていない方は、「げん玉」がお得さや使いやすさの点で初心者の方にもお勧めです!

下のバナーをクリックして登録(無料です)されたあなたには、250Ptプレゼントされます!


<関連記事はこちら>
ポイントサイト比較!おすすめランキング2018
げん玉の評判、稼ぎ方
すぐたま(旧ネットマイルから分離)の評判、稼ぎ方
ポイントサイト稼ぎ方②(1回限り)一気に数万~数十万円稼ぐ
ポイントサイト稼ぎ方③数十万円以上を毎月継続して稼ぐ
ふるさと納税をブログで解説!仕組みやメリットは?
生命保険や医療保険の見直しで数百万円の節約も!入りっぱなしはNG!

LINEで送る
Pocket