アマゾンの買い物が常に約1割引に!ギフト券を安く買うお得な裏技

Amazon買い物裏技

◎Amazonギフト券を安く買ってお得にアマゾンで買い物しよう!

Amazon(アマゾン)を利用している方は多いと思いますが、Amazonの買い物が実質約1割引になるお得な裏技をご存知でしょうか?

その方法とは非常に簡単で、

  1. Giftissue(ギフティッシュ)」という各種ギフト券の売買サイトでAmazonギフト券を定価より安く買う

  2. 安く買ったAmazonギフト券を使ってamazonで買い物をする

これだけです。

具体例で言うと、額面が1万円のAmazonギフト券を普通に買うと当然1万円が必要ですが、「ギフティッシュ」では額面が1万円分のギフト券が9000円程で購入できるのです(タイミングによってはもっと安いことも!)。

後は(9000円で購入した)1万円分のAmazonギフト券を使ってAmazonで1万円分の好きな商品を買うだけ!

普通に買うと1万円かかるところが9000円の出費で済んでしまいます(実質1000円割引で買ったのと同じ。1万円の商品が1000円割引=1割引です)。

ポイント還元率の高いクレジットカードでも還元率は2~3%程度であることを考えると、「1割引(10%割引)」というこの方法の凄さがわかると思います。

例えばamazonで年間10万円買い物する方であれば、10%割引で年間1万円も節約できることになり、非常にお得です!ギフト券の種類やタイミングによっては15%以上安く買えることも!

非常に簡単な方法でAmazonでのショッピングが実質割引になるので、アマゾン利用者は知らないと損です!


◎「Giftissue(ギフティッシュ)」とはどんなサイト?

Giftissue ギフティッシュ
→電子ギフト券(Amazonギフト券やiTunesギフト券等)の売買を非常に簡単にできるサイトで、月間流通額は何と4億円(2015年1月時点)にもなる、国内最大の電子ギフト券売買サイトです。

「Giftissue(ギフティッシュ)」は無料で会員登録可能で簡単に登録できます。


<取り扱っているギフト券>
Amazonギフト券、iTunesギフトカード、WebMoneyギフトカード、Google playギフトカード、LINEプリペイドカード、GREEプリペイドカード、Mobageモバコインカード、Amebaプリペイドカード、プレイステーションネットワークカード、任天堂プリペイドカード、楽天ポイントギフトカード、DMMマネーカード、バニラ Visa オンライン、honto電子書籍クーポン、Windowsストアカード、バナコイン、BitCash、Vプリカ、レコチョクプリペイドカード、Skypeプリペイドカード、ANA株主優待券、JAL株主優待券

・・と非常に多くの種類のギフト券が安売りされており、特にAmazonギフト券iTunesギフトカード等が活発に売買されているようです。

Amazonギフト券ではなく、他のギフト券(LINEプリペイドカードやGoogle playギフトカード等)を売買できる方が魅力的に思える方もいるかもしれません。

ギフト券の種類によっては取り扱いが少ないタイミングもありますが、Amazonギフト券等は人気なので、まずいつでも売買できると考えて良いでしょう。


実際の画面はこんな感じです。ギフト券の額面価格やギフティッシュでの販売価格(割引率)、ギフト券の有効期限等が確認できます。

ギフティッシュAmazonギフト券

ギフト券の種類によって割引率は違い、中には10%以上割引で買えるものも珍しくありません。

ちなみに、ギフト券の「売買」ができるサイトなので、「ギフト券を安く買う」だけでなく、「不要なギフト券を売って現金に換える」こともできます(人にもらったり、アンケートサイト等で入手したAmazonギフト券を現金化したい人にお勧め!)。

尚、オークションサイトを利用するともっと安くAmazonギフト券等を買えることもあるかもしれませんが、基本的に個人同士のやり取りになるため、悪質な利用者にあたるリスクもあり、あまりお勧めしません。

「ギフティッシュ」であれば、後述するようにギフト券が無効なものであった場合の「返金保証」等もあり、通常のオークション等と比較すると安心感があると思います。

*Amazonギフト券等の売買業者は色々とありますが、中には詐欺まがいの業者もあるようです。どの業者も利用前に口コミや評判等をチェックして、問題が起きていないかを確認しておきましょう。できれば利用者の多い大手の業者を使うのが無難だと思います。

◎「Giftissue(ギフティッシュ)」の使い方、登録方法

まずはギフティッシュの会員登録(アカウント作成)をします。

(*ちなみに、後述しますがギフティッシュの登録前に先にポイントサイトに登録しておき、「ポイントサイト経由でギフティッシュに登録」すると100円前後のポイントがもらえてさらにお得です)

アカウントの作成・維持は無料で、登録にはメールアドレスが必要です。
氏名やパスワード等を登録した後、携帯電話番号を用いたSMS認証(登録に必要な「認証番号」が携帯電話にショートメッセージで届きます)をすれば登録完了です。

アカウント作成が終われば、すぐにギフト券の売買ができるようになります。

そしてここからは、ギフト券を「買う」場合「売る」場合に分けて、やり方や注意点等を説明していきます。


◎ギフト券を「買う」場合の方法、注意点

ギフト券を買うには事前にギフティッシュの自分のアカウント口座に入金する必要があります。

アカウントへの入金は銀行振り込みのみで、振込手数料はユーザー側が負担します。

よって、自分のアカウントに振り込む際は振込手数料が安い、又は無料の銀行を利用しましょう。

(ちなみに、振込先の口座は三菱東京UFJ銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行、住信SBIネット銀行の4つの中から選べます。同行宛なら振込手数料が大抵安くなるので、自分が持っている口座に合わせて選んでください)

ギフティッシュ銀行選択

アカウントへの入金後は、好きなギフト券を選んで「カートに入れる」を選んで決済するだけです。
決済完了後は、すぐにギフト券を利用することができます。

*ギフト券購入後は、ちゃんとギフト券が使えるかどうか必ず30分以内に確認しましょう!
もし「ギフト券が利用できない無効のもの」であった場合、30分以内に「無効報告」をしていれば、ギフティッシュに「返金申請」をすることができます。

ギフティッシュ登録完了報告

Amazonギフト券であれば、購入したギフト券の番号を自分のAmazonのアカウントに登録して、額面通りに残金が増えるか、有効期限は大丈夫か等を確認しましょう。

もし無効のギフト券だった場合は、ギフティッシュの「購入履歴」から、該当ギフト券の「無効報告」ボタンを押してください。ギフティッシュが調査し、3営業日以内に返金されます。

また、「ギフト券が有効」の場合でも「30日間の返金保証」があります。
後日ギフト券提供者側の問題でギフト券自体が利用不能になる可能性も完全には否定できないという理由で、このような保証をしているそうです。

ギフト券が有効な場合は、ギフティッシュの「購入履歴」から、該当ギフト券の「登録完了」ボタンを押して購入後30分以内に「登録完了報告」をしておきましょう。


◎ギフト券を「売る」場合の方法、注意点

手持ちの不要なギフト券を売りたい場合は、ギフティッシュに出品して売ることもできます。

アカウント作成後、「ギフト券を売る」から手続き可能です。
売りたいギフト券の種類・額面・番号・有効期限・販売率を入力してください。

ギフティッシュギフト券売り方

販売率:100%以下の値を設定する。
例)額面1万円のギフト券を販売率「95%」と設定すると、販売価格は9500円となる。

尚、販売ルール・販売価格はいつでも変更でき、出品を停止することもできます。

*注意点*
出品したギフト券が売れた場合手数料として「額面の2%」が引かれます。

例)額面が1万円のギフト券が9500円で売れた場合、1万円の2%(200円)が9500円から引かれ、
9500-200=9300円が実際にもらえる金額(販売益)となります。

ちなみに、上記手数料がかかるのはあくまで「出品したギフト券が売れた場合」です。
「ギフト券を買う場合」や「ギフト券を出品したけど、売れる前に出品中止した場合」には上記手数料はかかりません

出品したギフト券に問題がなければ、販売から約50分後に販売益が確定します。販売益は出金の申請をすることで、自分の銀行口座等に振り込まれます。

尚、出金の際には振込手数料として270円(税込)がかかります。(この振込手数料はどの金融機関でも一律です)


◎その他の注意点

細かい点ですが、ギフティッシュのアカウント残高には「購入可能残高」と「引出可能残高」という2種類の残高があります。

それぞれの意味合いは名前の通りなのですが、

購入可能残高→ギフト券購入に使える残高。入金申請・返金により増える。
引出可能残高:引出しできる残高。入金申請・返金に加え、販売益により増える。

ギフティッシュ残高

つまり、ギフト券を売ることで得た販売益による残高は引出のみ可能で、販売益を直接新たなギフト券の購入にあてることはできないということですのでご注意ください。


◎ギフティッシュ手数料まとめ

ギフティッシュはアカウント作成、維持は無料ですが、手数料がかかるポイントは以下の通りです。

  1. アカウントに入金する際の振込手数料(金額は銀行により異なる)

  2. アカウントから出金する際の振込手数料(一律270円)

  3. 出品したギフト券が売れた場合に、額面の2%の手数料が引かれる

<手数料節約のテクニック>

  1. ①の節約→他行への振込手数料が無料になる銀行(住信SBIネット銀行、新生銀行等)を利用する。又は、振込先の金融機関に楽天銀行を選択し、自分の楽天銀行の口座から振り込む(楽天銀行は同行への振込み手数料無料。楽天銀行は下のバナーから無料口座開設可能です!)

  2. ②の節約→入金時に買いたいギフト券の金額ちょうどを入金すると、ギフト券購入後の残高が0円となり、出金の必要自体がなくなり、手数料も当然かからなくなる。

  3. ③は節約できませんが、ギフト券の出品をせずに買うだけなら関係ありません


◎ギフティッシュに登録の際はポイントサイトを経由するとお得!

ギフティッシュに登録する前に「げん玉」等のポイントサイトへ登録(無料)しておき、そのポイントサイト経由でギフティッシュに登録すると、100円前後のポイントがもらえるので、さらにお得です!(ポイント数は時期やサイトにより変動あり)

参考記事:ポイントサイトとはそもそも何か?

ポイントサイトを利用すると、ギフテッィシュ以外の様々なサイトへの登録(有料、無料)や、楽天市場等でのショッピング等でどんどんポイントが貯まり、ネットを利用して簡単にお小遣い稼ぎができるので、登録しておくことをお勧めします!

特に、ポイントサイトを経由してクレジットカード発行やFX口座開設等のサービスを利用すれば、一度に数千円~数万円分のポイントをもらうこともできるので、利用しないと損です!

げん玉ポイントアップ中の広告
(上の画像はげん玉に掲載されている広告です。げん玉は1Pt=0.1円です)

ポイントサイトの中でもげん玉は利用者数も多く、特にお勧めのサイトです!登録したい方は下のバナーをクリックして登録してみてくださいね!


(こちらからげん玉に無料で登録可能です。今なら登録した方に25円分のポイントプレゼント!)
げん玉の評判、稼ぎ方

◎ゲットマネーならamazon利用者5人に1人に最大約17%還元!

さらに、ポイントサイト「ゲットマネー」では「アマゾンで3000円以上買い物をした方の中から毎月抽選で5人に1人Amazonギフト券500円分をプレゼント!」という企画が常時行われています。

必ずAmazonギフト券がもらえる訳ではないのが難点ですが、3000円の買い物で500円分のAmazonギフト券がもらえるなら、かなりお得(単純計算で約17%のポイント還元率!)だと思います。確率も5人に1人と高めです。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
(こちらからゲットマネーに無料で登録可能です!)
ゲットマネーの評判、稼ぎ方


以上で「Amazonを実質的に割引で利用できるお得な裏技」の紹介を終わります。

ギフティッシュを利用することでアマゾン等で非常にお得に買い物ができるので、まだ利用していない方は登録してみてください。無料ですぐに登録できます。

さらにお得に利用したい方はギフティッシュの登録前に、上で紹介したようなポイントサイトに登録しておくのもお勧めです!

人気ポイントサイト「げん玉」への登録は下のバナーから無料ですぐに可能です!今なら登録された方に25円分のポイントプレゼント!


<関連記事はこちら>
ポイントサイト稼ぎ方②(1回限り)一気に数万~数十万円稼ぐ
稼ぎ方③数十万円以上を毎月継続して稼ぐ
ポイントサイト比較!おすすめランキング2017
げん玉の評判、稼ぎ方
ゲットマネー入会キャンペーン!新規登録で楽天Edy500円分等が当たる!
複数のポイントサイトに登録するメリット
ポイントサイト利用「対象外」のAmazonの有効な活用法
「アマゾン利用で高還元率のクレジットカード」より数倍お得なamazon活用法
Amazon一般会員は送料350円負担へ→送料無料のプライム会員のメリットを再確認!

LINEで送る
Pocket