ポイントサイト利用の準備

ポイントサイト利用準備

◎ポイントサイトの利用に必要なものは?

ポイントサイトを利用するにあたって、準備するものは以下の2つです。

  1. メールアドレス(メインで使用しているのとは別に準備するのが無難)
  2. ネット銀行の口座(ポイントサイトからの現金振り込み先として使用。ポイントサイト登録後に口座開設しても良い)

①の「メールアドレス」はポイントサイト登録時に必須、②の「ネット銀行口座」はポイントサイトを利用していく中で、あると便利なものです。


◎フリーメールアドレスを取得しよう

ポイントサイト登録の際は、どのサイトでもメールアドレスの登録はまず必須と考えて良いでしょう。

この時に、現在メインで利用中のメールアドレスを使用することも可能ですが、あまりお勧めはしません

と言うのは、ポイントサイトから届くメールは1日数通になることもあり、複数のポイントサイトに登録すると、それなりの数になるからです(*迷惑メールが来るわけではありません。ポイントが獲得できるメールやアンケートの依頼等、お得な情報が届きます)。

代表的なフリー(無料で使用できる)メールアドレスとしては「Yahoo!メール」や「Gmail」があります。どちらかで新たにメールアドレスを取得して、それをポイントサイト登録の際に使いましょう。そのアドレスは、ポイントサイト登録専用にすると、管理しやすいと思います。

参考記事:メールアドレスを無料で簡単に作る方法!(ヤフーメール,Gメール)


◎ポイントサイトのお供!ネット銀行のメリット

ネット銀行」(又は「ネットバンク」)というものを聞いたことがない方もおられるかもしれません。

ごく簡単に言うと、ネット銀行とは普通の銀行とは違って基本的に店舗を持たず、オンライン上で振込等の手続きが可能な銀行です。

普通の銀行と比較して預金の金利が高く、利息が多くもらえたり(定期預金等は10倍近く違うことも!)、他の銀行への振込み手数料が無料であったりするメリットがあります。

その仕組みとしては、店舗を持たないため、人件費や土地代、電気代等の諸々のコストを低く抑えられ、その分を金利や手数料の面で利用者に還元しているという訳です。

ポイントサイトを利用していく上でのメリットは、貯めたポイントを現金に交換して振り込んでもらう時に振込先口座として使うと、普通の銀行を使うより手数料が安いことが多いということです。

◎ネット銀行の安全性・危険性は?

銀行というだけあり、複数の暗証番号や、取引の際に1回限り有効なパスワードを使用したり、暗号化通信を利用する等、セキュリティ対策には力を入れているようです。

また、ネット銀行が万一破綻してしまった場合でも、ペイオフ(預金保険)制度の対象となっていますので、その点は普通の銀行と変わりありません。

◎おすすめのネット銀行は?

ネット銀行の種類は数多くありますが、ポイントサイトを利用する上で手数料を安くしたいのなら、「楽天銀行」や「住信SBIネット銀行」、そして「ジャパンネット銀行」の3つのネット銀行がお勧めです。

これらの銀行は多くのポイントサイトで手数料が優遇されています。また、ネット銀行の中でも特に利用者数が多く、普段使いの銀行としても非常に魅力的です!

  • 楽天銀行:振込や給与の受け取り等で楽天スーパーポイントが貯まる
  • 住信SBIネット銀行:他の銀行への振り込みが月に3回まで手数料無料
    (2016年1月より振込無料回数は、会員ランクにより変動するように変更)
  • ジャパンネット銀行:Tポイントを現金化できる等の独自のサービスあり

まだネット銀行を利用していないという方は、この機会に口座開設を検討してみてくださいね!その際はポイントサイトの広告を利用して開設するとポイントがもらえてお得ですよ!

<関連記事はこちら>
ポイントサイトは安全?危険性はないの?
複数のポイントサイトに登録するメリット
ポイントサイト稼ぎ方②(1回限り)一気に数万~数十万円稼ぐ
ポイントサイト稼ぎ方③数十万円以上を毎月継続して稼ぐ
ハピタスの評判、稼ぎ方
ゲットマネーの評判、稼ぎ方
げん玉の評判、稼ぎ方
メールアドレスを無料で簡単に作る方法!(ヤフーメール,Gメール)

LINEで送る
Pocket